業務内容


錦堂綜合法務事務所では社会保険労務士・行政書士の国家資格を有することで、社会保険労務士業務(労働・社会保険手続きや給与計算等の労務管理)と行政書士業務(会社設立や各種許認可申請の代行等)の双方への対応が可能であり、創業から日々の企業経営において発生する各種手続きをワンストップでサポートすることができます。

また、日々の暮らしに密着した法務サービス(遺言・相続等)や、お仕事で忙しいみなさまに代わって手続きや書類作成を代行しております。

法人・事業主のお客様

個人のお客様


紹介動画


社会保険労務士とは

社労士は、社会保険労務士法に基づいた国家資格者です。

企業の成長には、お金、モノ、人材が必要とされておりますが、社労士はその中でも人材に関する専門家であり、「労働及び社会保険に関する法令の円滑な実施に寄与するとともに、事業の健全な発達と労働者等の福祉の向上に資すること」を目的として、業務を行っております。

社労士は、企業における採用から退職までの「労働・社会保険に関する諸問題」や「年金の相談」に応じるなど、業務の内容は広範囲にわたります。

行政書士とは

行政書士は、行政書士法に基づいた国家資格です。

他人の依頼を受けて報酬を得て、官公署に提出する許認可等の申請書類の作成並びに提出手続きの代理、遺言書等の権利義務、事実証明、契約書の作成、行政不服申立て手続代理等を行います。

業務は、依頼された通りの書類作成を行ういわゆる代書的業務から、複雑多様なコンサルティングを含む許認可手続きへと移行してきており、高度情報通信社会における行政手続の専門家として国民から大きく期待されています。